海藤蘭真の文字置き場

独特な家庭に育ったブログ主が、世間とのズレを直すために書いているブログです。

シェアハウスに住んでみたら、クソ雑魚HPが判明した件

f:id:maiden_of_rose:20191201200833j:imageもうやめて!!らんまのライフはもうゼロよ!!

 

内田勉さん主催のブログリレー「 #シェアハウスアドベントカレンダー2019 」。
2日目担当の海藤 蘭真(かいとう らんま)!愛知県出身、コミュ障だけど友達が欲しい25歳です。

adventar.org

このブログリレーは、シェアハウスに関するアレコレをクリスマスまで当番制で毎日更新しよう!と言う趣旨です。

 

シェアハウスに住んでみたら、クソ雑魚HPが判明した件

皆さんPRGで遊んだことはおありでしょうか?
ドラクエポケモンに代表されるアレです。メガテンシリーズなども有名ですね。

 f:id:maiden_of_rose:20191201201321j:imagef:id:maiden_of_rose:20191201201323j:image
(私が大好きなRPG

 真・女神転生デビルチルドレン 赤の書 | ニンテンドー3DS | 任天堂 

f:id:maiden_of_rose:20191202001632j:plain

読んでください。HPとはコミュニケーションの為の気力、ワザとはコミュニケーションです。HPは「ワザを使うときに減ります」。

そう、気力とは何らかの嫌な出来事以外にも「コミュニケーションする」時にも減るのです。

ワイ型コミュ障は所有HPの割に、消費HPが高い

f:id:maiden_of_rose:20191202001614j:plain f:id:maiden_of_rose:20191202001611j:plain

(左:一般人のHP=420前後/右:ワイのHP=66)

ご覧下さい。PRGの使い魔同様、人間にもステータスの差があります。
ピンクのキャラ(所有HP=66)が私です。

そして、ワザ(=挨拶、自己紹介、相談等)にもHP同様、消費量にバラつきがあります。
私はいわば、「低いHPの割に、消費HPの高いワザを使う」事でコミュニケーションを平均レベルに保っている人間です。ぱっと見普通であるものの、実は燃費が悪いタイプのコミュ障です。

好奇心でシェアハウスに住んでみた

経緯ははしょりますが、5年前からシェアハウスと言う取り組み自体に興味がありました。

今年10月、たまたまお誘いいただき川崎のシェアハウスに2週間住みました。

しかし、入居後に2つ気が付きました。

1つは、自分にとって家事・身嗜み(お風呂・化粧)などのプライベートな活動中は、人に関わる事が非常に辛いと言う事です。消費HPが思いの外大きかったのです。

人の気配があるうちは、台所・シャワールーム・廊下の姿見の利用も避ける程でした。人にあった時のための心構えだけで、待機電力がごとくHPを消費しました。

逆に、家事の場ではないリビングには問題なく居られました。この自分にとっての不快さの境目・大きさは、住んでみるまでは自分でもよく分かっていませんでした。

2つ目は、そのシェアハウスが思ったよりも組織だって運営されていた事です(掃除当番・トラブル予防会議・連絡用グループチャット義務など)。組織の事を常に考える事は、HP低いマンにとっては消費HPの高いワザでした。特に、トラブル予防については「違法行為があれば通報」程度の意識の低さで入居したので、トラブル対策意識の高さに非常にギャップを感じました。

 

と言う訳で、コミュ障が生活できる他の選択肢を考えてみました。

①トラブル予防0にしてみる:例)「妖怪ハウス」

トラブル予防はせいぜい通報を実践(?)したシェアハウスがあります。「妖怪ハウス」です。

mtane0412.com

曰く、「明らかにシャブ中の外国人がいた」「何度出禁にしても訪問してくる化物がいた」…あれ?通報すら出来ていたのか…?

3年を迎える頃、相次ぐトラブルやクレーム・通報などを理由に撤退しました。
10日間滞在する分には特に不快さや問題は感じませんでしたが、元住民曰く大変だったそう。

②そもそも接触0にしてみる:例)「かぼちゃの馬車

聞く話によると、企業のシェアハウスは住民同士の交流が薄く、清掃も業者が入る事が多いそう。特に悪名高い「かぼちゃの馬車」は「顔を合わせずに済む間取り作り」を一つのテーマにしていたらしく、機会があれば住んでみたいと思いました。評判は悪そうですが。

家賃は個人運営のシェアハウスよりかは高いみたいですね。

「シェアハウスの恵み」

ただし、辛いことばかりだったのかというとそうではなく、先述した通りリビングの居心地は良かったです。恐らく、コミュニケーションモードに切り替わってからいる場所だからです。

そして、生活拠点のすぐそばにコミュニケーションを取れる相手がいると言うのは、何か日頃感じている圧迫感や閉塞感が不思議と晴れる感覚がありました。なので、割とリビングで過ごす事は多かったです。川崎で生活している知り合いに、リビングに行けば会えると言うのはシェアハウスならではの特徴ですね。ホッとする事ができました。

内田さんの表現を借りると、これも「シェアハウスの恵み」なのかなと思います。

提案:シェアハウス運営の皆さん!サイトに書いてくれ

こんな感じでサイトにシェアハウスの性質を書いてくれるとミスマッチが減ると思う。

f:id:maiden_of_rose:20191202012316p:image

MAZARIBAだとこんな感じかな。

f:id:maiden_of_rose:20191202012347p:image

他のシェアハウスの人も作ってみてね!!おしまい♪